膝痛

  • 膝が痛くて正座が出来ない
  • 階段の昇り降りがつらい
  • 椅子から立ち上がる時に膝が痛い
  • あらゆる日常生活で膝の痛みを感じる
  • 膝の水抜きに行っている

膝痛施術年齢を重ねるにつれ、多くの方が悩む膝の痛み。ほとんどの場合が変形性膝関節症と呼ばれるもので、膝の水を抜きに行ったり、電気を当てられる方も多いですね。

年齢的なもの以外でも、激しいスポーツや転倒などで膝を痛めてしまい、大きな負担がかかって痛くなる事も多いです。

膝が痛いと、どうしてもかばう姿勢や動きになり、身体のあらゆる部分も痛みや不調を伴います。「膝に水が溜まったから抜きに行く」「温めると気持ちが良い」と思っていらっしゃる方も大勢いると思いますが、痛みが強くなった時だけ処置をしていませんか?

それでは、一時的に膝の痛みは無くなりますが、しばらくすると元に戻っていたりするのは、膝だけの問題では無いからです。

膝痛の原因は?痛みを我慢していたら?

人間の身体には多くの関節がありますが、その中でも膝は股関節と骨盤、足首を繋ぐ重要な役割をしています。立つ、歩く、階段を下りるなど、膝に痛みが生じると、日々の動作にも影響が出てきます。

膝は骨と軟骨、靭帯、腱、関節包など様々な組織で作られており、骨同士がぶつからないように軟骨に覆われ、関節包という潤滑油が含まれた袋のようなもので包み込み、膝がスムーズに動きます。

加齢や体重の増加、激しいスポーツなど色々な理由で膝に負担がかると、バランスの悪い姿勢や動作になってしまいます。かばい続けた身体は骨盤など骨格が歪み、股関節も動きが悪くなります。偏った筋肉の緊張や筋力の低下などを招き、膝に負担がかかります。軟骨がすり減り、関節の隙間が狭くなるとぶつかり合い、激しい痛みとなります。

そして、動きの悪くなった膝をカバーしようと、潤滑油がどんどんあふれ出し、いわゆる水が溜まるという状態になります。

膝だけで済んでた痛みが、かばうような姿勢と共に他の部分にも痛みや不調が広がってしまいます。

一宮市 みやび鍼灸接骨院 膝痛の施術法

みやび鍼灸接骨院では、膝の痛みを抱えた方に対し、しっかりとカウンセリング・検査をします。徐々に痛くなり慢性的になったものなのか、激しいスポーツや転倒などによる痛みなのか、水が溜まっているのかそうではないかなど様々な角度から、きちんと見極めます。

お一人おひとりに合わせた施術内容を組み、膝の状態に応じたアプローチをとります。

機器を用いた改善痛みが強く炎症がある場合は電気機器などを使用し、炎症を鎮めます。筋肉や靭帯が傷ついている場合は、痛みをやわらげ、必要に応じてテーピング固定をします。

膝へかかっていた負担を軽くするため、筋力トレーニングで他の部分の筋肉を正しく使えるように鍛えていきます。筋肉と骨格がバランスよく整うと、膝の痛みが軽減します。

きちんと膝が曲げ伸ばしできるようになれば、日常生活も楽々と過ごせます!この痛みとずっと付き合うしかないと思っている方。水を抜くしかないのかな、と諦めている方。是非、一度私たちにご相談ください!