シンスプリント

  • すね付近の痛みと不快感
  • 運動した後にすねの内側が痛い
  • すねの内側を押すと痛い
  • 運動をし始めるとすねや、ふくらはぎの内側に痛みが出る
  • 歩くだけでも痛い

シンスプリントとは何か?

シンスプリントとは、日本語読みで脛骨過労性骨膜炎と呼ばれます。
サッカーやバスケットボール、バレーボール、駅伝などランニングとジャンプの繰り返しの動作により、すねの内側に痛みが発症し、完全に症状がなくなるまでにある程度の時間を要するスポーツ障害の一つです。
骨に響くような痛みを感じる事がありますが、実際は骨ではなく骨膜に痛みが生じています。
ちなみに骨膜とは、骨の表面を覆っている膜のことです。神経と血管がたくさんあり、非常に痛みに対して敏感なところになります。

シンスプリントの原因は?

  • オーバーユース(使い過ぎ)
  • 扁平足(アーチの低下)
  • 柔軟性の低下
  • 下肢の筋力低下
  • 負担のかかるランニングフォーム
  • 硬いグランドでのトレーニング
  • かかとがすり減っている
  • クッション性のないシューズの着用
  • 筋トレなどによる体重増加

などなど、様々な原因があると考えています。

シンスプリントの主な症状は?

  • すね付近の痛みと不快感
  • 運動した後にすねの内側が痛い
  • すねの内側を押すと痛い
  • 少し楽になって、運動をし始めると痛みが出る
  • 歩くだけでも痛い
    など、主に運動・スポーツをした時や、その後にすねの内側に痛みが走りますケースが多いです。

一宮市伝法寺 みやび鍼灸接骨院・整体院の施術内容

物理療法(超音波療法・立体動態波)により、痛みのある場所にピンポイントにアプローチを行い、痛みの緩和を促します。
マッサージやストレッチにより、筋肉や関節の動きをよりスムーズにさせ柔軟性を高めていきます。
柔軟性を高める事で、練習での疲労も早く抜ける効果が期待されます。

シンスプリントと似ている疾患

シンスプリントのほかにスポーツをすることで起きるのがすねの疲労骨折です。
痛みの場所や、シンスプリントに特徴的な骨が痛い感じがするという点からよく同じように疑われる疾患の一つです。大きく違うのは、
シンスプリントの場合「両足の広い範囲に痛みがある」
疲労骨折の場合「片足にほとんどピンポイントで痛みがある」
*必ずしも片足とは限りません。
一宮市伝法寺 みやび鍼灸接骨院・整体院では、疲労骨折の疑いがある場合は、信頼できる整形外科をご紹介させて頂いておりますので、ご安心ください。

実際のシンスプリントになられた患者様のご紹介

一宮市住 10代男の子 競技:サッカー

両足にシンスプリントを発症。
初めの内は、軽く触るだけで激痛が走り、部活を休み治療に専念することになりました。
あまりに痛みが強いために、手技を行うことが出来ずに超音波療法にて骨膜の炎症を抑えていきました。
ある程度炎症が収まってからは、手技によりマッサージとストレッチを行いました。
特に股関節の固さが著名に見られて、そこでの柔軟性の低下もおそらく原因の一つになっていたと思われます。
スポーツ復帰に向けて、練習前後のストレッチやアイシングをすると痛みの対策になりますと、アドバイスをさせていただき復帰して一時は症状がありましたが徐々に緩和していき無事に症状が出ない状態まで緩和しました。

施術ご予約やご相談に関して

ご予約・ご相談は24時間受付可能なLINEがおすすめです♫ 「LINE予約」ボタンからお友達登録後、お気軽にご連絡ください ※返信は営業時間内に行わせて頂きます。