野球肘・テニス肘・ゴルフ肘

  • 肘の外側or内側が痛い
  • 病院に行ったが良くならない
  • 痛みが引かずに試合に出られない
  • ドアノブを回す時や、物を掴むと痛い
  • パソコン作業に支障が出る

野球肘・テニス肘・ゴルフ肘とはなにか?

テニス肘とは、テニス愛好家に多い症状のことから呼ばれる通称です。
手首や肘にかかる負担を行った時に、肘の外側の上腕骨外側上顆(じょうわんこつがいそくじょうか)というところに症状が出ることから、正式には上腕骨外側上顆炎と言います。
軽度な場合は日常生活に大きく支障をきたすことは少ないですが、重度な場合はコップを持つなどの軽い動作でも痛みが生じます。
またテニス肘とは反対側の内側に出る症状のことを野球肘やゴルフ肘と言います。

野球肘・テニス肘・ゴルフ肘の原因

手首を繰り返し動かすことにより腱にかかる負担が増すのが原因です。
テニス肘の痛みが出るところの外側上顆と呼ばれるところには、手首や指を動かす筋肉が多く付着しており、テニスのプレーはもちろんのこと、料理や洗濯などの家事、パソコンのタイピングなど日常生活や仕事により、付着している筋肉にストレスがかかり発症します。

 

野球肘・テニス肘・ゴルフ肘の主な症状

テニス肘の症状は、通常はなにもせずにじっとしている時には痛みがなく、手首を反らす、ひねる、指を伸ばす時に肘の外側に痛みがくるのが特徴です。
野球肘や、ゴルフ肘は、投球動作時、スイング時に痛みを伴いますが、ひどい場合だとシャドーピッチング時、素振りのときにも痛みがでることが多いです。
物を掴んで持つ、ドアノブを回す、雑巾絞りなどの日常生活の動作でも痛みが生じます。
個人差はありますが急にくる痛みや徐々にゆっくりとくる痛みと症状の段階には個人差があります。
一回症状が出ると非常に治りにくいのも特徴のひとつです。
その理由として、腕や手は日頃から頻繁に使うことから、完全に休んでいる状態が少ないからです。

 

一宮市伝法寺 みやび鍼灸接骨院・整体院の野球肘・テニス肘・ゴルフ肘施術内容

痛みのある肘の内側の部位には超音波療法や立体動態波などの物理療法を用いて炎症を抑えていきます。
短橈側手根伸筋、長橈側手根伸筋、総指伸筋などのテニス肘を引き起こす際に関係性の高い筋肉に対しては、マッサージやストレッチをかけて筋肉の緊張を取り除いていきます。
そして、なぜ肘が痛くなったのか?を徹底的に追求していきます。具体的には、スイングフォームのチェックを行い肩関節・股関節の可動域の確認を行い、肘に負担がかかっている原因を見極めて、肘以外の場所にも施術を行っていきます。
患者様自身には自宅でできるセルフケアやテニスをプレーさせる方には練習前後のストレッチなど再発防止と症状の緩和を目指してアドバイスさせて頂きます。

施術ご予約に関して

ご予約・ご相談は24時間受付可能なLINEがおすすめです♫ 「LINE予約」ボタンからお友達登録後、お気軽にご連絡ください ※返信は営業時間内に行わせて頂きます。