オスグッド・シュラッター病、子供の膝の痛み・症例紹介/一宮市 みやび鍼灸接骨院・整体院

2024年01月31日

こんにちは🤗
みやび鍼灸接骨院・整体院、副代表の片山です👓

今回は、「オスグッド・シュラッター病、膝の痛み」でお悩みだった「実際に来られた患者様」の「症状」「施術内容・回数」ご紹介していきます👍

1,症状

・オスグッド・シュラッター病(子供の膝の痛み)

皆さん、オスグッド・シュラッター病についてはご存知ですか??
オスグッド・シュラッター病は、小中学生(10〜15歳)に多い、膝の痛みを伴う疾患です。

よく勘違いをしてしまっている方がいますが、「成長痛」とは違います

あくまでも成長期に、「走る」「ジャンプ」などの激しいスポーツをしている子が、なりやすい疾患です。

成長期には、急激に身長が伸びその際に骨も急成長をしていきます。その際に「筋肉」「腱」などの軟部組織は同じように成長することができません。そうなると、骨は成長し長くなりますが、筋肉は成長が遅く同じように伸びないために、筋肉の柔軟性が下がってしまいます。

下の図を参考にしてもらいたいんですが、主に「大腿四頭筋」の柔軟性が下がってしまい、その上で「走る」「ジャンプ」を繰り返し行うことで、「脛骨粗面(脛骨結節部)」に引っ張る力が繰り返し加わることで痛みや腫れが出てきてしまうのが、オスグッド・シュラッター病の原因にと疾患の概要ですね。

 

又、膝が痛いのでオスグッド・シュラッター病だと思ったら、「膝蓋靱帯炎」「鵞足炎」「半月板損傷」「膝の靱帯損傷」など、まったく違う疾患の場合もあります。

そういった場合は当接骨院でしっかり検査をしてなにが原因なのか見極めておりますので安心してください💪

最近来られた方中学生のケースですと
「痛くて歩くのがつらい」
「膝が下までしゃがめない」
「走れない」
といった具合に、膝の痛みがかなり強い様子がわかります

👇の写真のような感じで、膝がめちゃくちゃ痛くて、下までしゃがめません💥

2,施術内容

この2点を、「大腿四頭筋(太ももの前の筋肉))」に整体施術させて頂きました🙌

3,良くなるまでの期間

痛みが出てすぐご来院頂いたので、「2回の施術(10日程)」で下記の写真のように下までしゃがめて、痛みも大幅に減少してくれました

4,施術動画

4,その後

膝は曲げられるようにはなりましたが、現在も膝にまだ痛みはある状況ですので、継続的に通院してくださっています。

今は、7〜10日に1回の施術が必要ですが、今後痛みがなくなってきたら痛みが再発しないように、1ヶ月に1度の通院でも良いと考えています🙌

5,最後に

今回も読んでくださりありがとうございました🙇🏻‍♂️

ご意見・ご感想いただけると嬉しいです🙌
DM、LINE、コメントよろしくお願いします〜💪