首・肩の痛み

  • 普段から肩や首が凝っている
  • 猫背や巻き肩が気になる
  • デスクワークで肩が痛くて重い
  • スマートフォンの長時間操作で凝りを感じる
  • 首や肩がカチカチに固まり動かすと痛い

首・肩の施術電車に乗ると全員がスマートフォンを操作していたり、会社や学校でもパソコンを使用して作業する事も増えましたね。もはや、パソコンやスマートフォンは生活に欠かせない存在です。しかし、手軽で便利な一方、身体への影響は思っている以上に大きく、特に肩や首の負担は相当大きいです。

「凝っている」「重くて痛い」と感じた時だけ温めたり、マッサージやストレッチ等している方がほとんだと思います。しかし、その時だけスッキリしたように感じてはいませんか?

すぐに首や肩のあたりが重だるくなり、痛みもぶり返してしまう、肩や首の痛み。軽く考えていると、凝りや痛みでは終わらず、頭痛や吐き気、めまいなど身体全身の不調へと繋がってしまうのです。

何故、首や肩が凝るの?|一宮市みやび鍼灸接骨院・整体院

ストレートネックの原因首や肩の関節は身体の中で最も可動域が大きく、重たい頭と腕を支えています。頭と腕(片方)は体重の約8%と重く、例えば体重が60kgだと、頭が約5kg、腕も片方で5kg、左右合わて約10kgあります。5kgのお米やペットボトルに入った水をイメージすると、意外に重いですね。

猫背など姿勢が悪くなると、自然に頭が前へ傾き、左右の腕もぶら下がり、首や肩、鎖骨の周りや背中の筋肉など様々な筋肉が緊張し硬くなります。

筋肉が硬くなると血管も縮まり、血液の巡りも悪くなります。溜まった疲労物質や痛みの物質が上手く排出されず、凝りや痛みの原因となります。

たかが、肩の痛みと思わないで!

肩や首が常に凝っている方は姿勢も悪く、猫背姿勢の人が多いです。また、猫背だと巻き肩になっている確率も高く、肩が身体より前に出た形で内側に巻いてしまっています。

見た目が老けてみえ、印象も良くありません。それだけではなく、痛くて動かせない、肩が挙がらない、吐き気を伴うような頭痛、めまい、眼精疲労など身体のあらゆるところで不調となり、仕事や家事などの効率の低下、ひどい場合だと体調を崩してしまう事もあります。

一般的な肩の痛みと四十肩・五十肩の違い

肩の痛みの1つとして、四十肩・五十肩があります。肩の痛みはいわゆる、筋肉疲労によるものですが、四十肩・五十肩は全く違うもので、正式には肩関節周囲炎と呼ばれます。ご自分でケアして良くなるケースもありますが、五十肩は肩の関節が炎症を起こし、肩を動かす事が出来ず、痛みも普通の肩こりとは違います。寝ていても痛みで起きてしまう事もあり、痛みや違和感を感じてから数か月経っていた、という場合もあります。

肩の関節のまわりには、関節を滑らかに動かす潤滑油のような役割の袋(肩峰下滑液包)と、肩の関節を包んでいる袋(関節包)があります。肩以外にもすべての関節には、このような袋があり、関節の動きをスムーズにしています。

中高年になると、肩周りの組織や関節が炎症を起こします。滑らかに動かそうと袋の中の水(潤滑油)がどんどん溜まり、適度に吸収されず癒着します。そして、さらに圧迫され、強い痛みと共に、肩が挙がらない動かせないといった、つらい状態になります。

首・肩の痛みに対する施術法|一宮市みやび鍼灸接骨院・整体院

可動域検査私たちは首と肩の痛みに対し、どのような痛みなのか、どんな動作をすれば痛むのか、しっかりとカウンセリングし検査します。その方の痛みや不調に応じて、施術内容を決め、カチカチに固まった肩や首周りの筋肉をほぐしていきます。

AKA療法という手技で優しくアプローチし、ボキボキ音をさせるような事は全くありません。筋肉をゆるめ、動きの悪い肩甲骨を正しい位置に戻し、滑らかに動くように調整します。首や肩の痛みとは遠く離れているように思えますが、実は身体の土台である骨盤、特に仙腸関節の動きも関係しています。身体の要である骨盤の仙腸関節の動きが正常になれば、おのずと肩や首周りの痛みも解消されます。

また、痛みが強い場合や五十肩のように動かすものつらい時は、電気機器などを使用し、つらい部分を温め、手では届かない奥深い場所(深層部分)まで浸透させます。

骨盤と肩甲骨が本来の動きが出来るようになると、自然と姿勢も正しくなり、身体全体がバランスよくなります。

繰り返すつらい痛みは我慢しなくても良いのです。痛みが無い日を過ごせるように、解消に向けてサポートします!是非、私たちにお任せください!

ストレートネック改善について

みやび鍼灸接骨院・整体院では、首の痛みの中でも『ストレートネック』改善に力をいれています。ストレートネックとは、本来であれば頚椎は前側に緩くカーブしているのですが、それがストレート化、または後弯している状態をそのように言います。

頚椎がまっすぐになってしまうことで、頭の位置が身体の前方に飛び出してしまうようになります。それを正しい位置に戻そうとする力で、首の後ろ側の筋肉の負担が大きくなり、それが肩こりや頭痛の原因となり、痛みを引き起こしてしまいます。

ストレートネックになると

  • 慢性的な肩こり・頭痛・腰痛
  • ちょっとした段差でも躓くようになる
  • 動作がぎこちなくなる
  • 疲労がたまりやすくなる
  • 眼精疲労が起きやすくなる
  • 顎関節症・噛み合わせの悪化
  • 顔の歪み

ストレートネックの状態

ストレートネックの改善は?

ストレートネックの改善は、病院の診断では改善は難しく、痛み止めや湿布を渡されて終わりになってしまうことが多くあります。しかしそれでは到底改善されたとは言えません。マッサージなどで一時的に凝りがほぐされても、またすぐに再発してしまうでしょう。

一宮市みやび鍼灸接骨院は以下の手順でストレートネックにアプローチします。

  1. 頚椎の上・中・下位、またはすべてに原因がないか検査
  2. ①で原因である可能性が高い箇所の関節の動きを改善
  3. ストレート化の原因となりやすい首や背中側の筋肉の伸縮性・収縮性の獲得
  4. 後ろ側の筋肉の次に、前側の筋肉の伸張性と収縮性の獲得
  5. 頭蓋底にある関節固有受容器への刺激
  6. ホームエクササイズ

上記のようにしっかりと原因に対し、アプローチすることで、徐々にストレート状態に変化が現れ、改善されていきます。ストレートネックでお悩みの方は、是非みやび鍼灸接骨院にご相談下さい!